産廃業の許可を受ける方法とは

産廃業を行うためには自治体からの許可を受けなければならず、無許可で行うと法令違反で罰せられるので、この産業廃棄物の業務を行うには産業廃棄物処理業の申請を行わなければならず、この申請を行わなければ産廃業を開始することはできません。

自治体への申請には新規に行う場合と既に受けていた許可の更新を行う場合がありますが、どちらも正本と副本を作成してそれを所定の担当窓口に直接持って行き、指定された手数料を支払って自治体からの判断を待ちます。この中で重要なのは変更の場合の会社の経営状況であり、経営がうまくいっていないために資本金を減らしていると、追加で資料の請求が必要になってきて審査が厳しくなるので注意が必要です。

ただし資本金を減らしていたために申請が取れ消されるということはないので安心して下さい。他に産廃業を行う上で必須になるのは、産業廃棄物の処理に関する講習課程を受講している人が最低でも一人は会社に在籍していなければならず、受講したいた人が退職などでいなくなれば、新たに在籍している人の中で受講を行う必要があります。

産廃業の許可を棄物処理業は現在の人間の生活ではなくてはならない業種ですが、正規の方法をせずに違法に集めた廃棄物を廃棄する業者がいるため、自治体もその許可申請が厳しくなっているのが現状です。特に経営状況が悪くなると違法投棄してしまうケースが増加する傾向が強くなるので、自治体も経営状態には神経を尖らせています。人々の生活に密接した関係にある業種なので、健全な運営と法令を遵守して業務を行うことを心掛けて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *