産廃業の許可申請の仕組み

産廃業をもしも行うのであれば、許可の申請を行わなければなりません。

産廃業に関する法律には廃棄物処理法というものがあり、産業廃棄物処理業の許可の付与については産廃物処理の事業の用に供する施設が整っていることや申請者の能力がその事業を的確にしておりなおかつ継続して行うに足りるものとして、環境省令で定める基準に適合できるところであることが重要とされます。また、それだけではなく欠格要件に該当しないことも重要です。

欠格要件は廃棄物処理の許可申請者の一般的適性についての基準として、法に従った適正な業を遂行することが期待できないと判断される場合に類型化したうえで排除する決まりのことです。例えば、暴力団関係者が産廃業を行うことはできません。また、禁固以上の刑を持っている前科者もこれに該当します。産廃業の許可申請を行うにあたってもう一つ考慮されるのが環境基準や排出基準です。

有害物質をできるだけ出さないようなクリーンな仕組みをもって事業に取り組む必要があり、生活環境影響調査書の提出も求められるためしっかりとクリアできるように考慮しなければなりません。そうした色々な基準を満たして、事業者として営業できたとしてもそれで終わりというわけではないです。

産廃処理業者を対象とした許可申請講習会に参加し、産業廃棄物の処理を誠実に行うために必要となる専門的知識や技能を習得することを目的に所定の時間講習を受けておくことが必要です。そうした講習会の最後には、修了試験を受けることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *