産廃業の許可を得るために必要なこと

産廃業は現代の廃棄物処理の世界においては必要不可欠な業務となっています。

古くは廃棄物は自分で償却をしたり、廃棄をすることが可能な時代もありましたが、様々なトラブルを引き起こした背景から現代ではその処理方法についてで厳しく法律で規制されており、産業廃棄物と言われる粗大ゴミを含む工業的な廃棄物については産廃業の許可を受けた指定業者のみが処理を行うことができるように定められています。

産廃業の許可を得るためには、所定の書類を各都道府県宛に提出して許可を得る必要がありますが、単に文章提出しただけでは認められる事は基本的にありません。審査の内容は書類審査だけですが、記載内容については実際の修理内容や処理を行うための様々な施設や作業の連携について定義をされていることが求められるため、その準備をしっかりと行っておかないと申請を行うことができない形となっているのです。

また最近では産廃業の許可を受けておきながら指定された産業廃棄物の処理方法を実施せず、不法投棄や不法に焼却処分をするといった悪質な業者が増えていることから、その審査が非常に厳しくなる傾向にあります。そのため申請を行う前に十分に処理内容の実現性を確認し、申請の代行業者などを利用して客観的なチェックを受けておくことも非常に重要です。産廃業を営むためには相応の維持費用もかかるため、費用面でも充分に業務を継続する際の経費を考慮することが重要で、これらの作業を確実に行わないと許可を受けることができないため注意をすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *