Skip to content

東京でマイクロスコープの最新機器をチェック

虫歯の治療の最中に歯科医が気を付けなければいけないのが、間違って神経を傷付けないという事です。

人間の神経はとても細いもので、もし神経がある事を見落として傷を付けてしまうと、口内の機能が一部損なわれる事になりかねません。以前の歯科治療では、神経の位置を肉眼で確認しながら、神経を避けるように治療をしてく必要がありました。

しかし目視では神経がある事を見落として、間違って傷を付けてしまう事も多かったからこそ、マイクロスコープを活用する東京の歯科が注目を集めています。肉に神経の一部が埋もれていたり、血などで神経が見えにくくなっていても、拡大率を上げた状態で口内をチェックできるので問題ありません。

その神経を避けて治療が行えるだけでなく、菌類が残らないように細かいところまで清掃できるからこそ、虫歯などの病気の再発を防げます。とても小さな病巣も発見できるので、目視による治療よりも病気の再発率は低くできますし、これからの歯のメンテナンス方法を決めるための参考にもなります。

東京の歯科では歯に穴をあけた際に、穴を塞ぐためにセメントも入れる事があるのですが、その治療でもマイクロスコープは活用されています。

きっちりと穴にセメントを詰め込んで、余計な空洞を作らないようにしなければ、セメントの耐久性に問題が出てしまう可能性もあるためです。安全な歯の治療のためにも、あらゆる治療にマイクロスコープを活用する東京の歯科を頼りましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です