Skip to content

東京でマイクロスコープ導入医院が増えています

東京の歯科医院ではマイクロスコープを導入してるところが徐々に増えてきています。

マイクロスコープとは顕微鏡とも言われています。患部を3倍から20倍にまで自由に倍率を変えて見ることができます。歯の治療はとても小さな部分を繊細に削る治療です。拡大してみることができるので治療の精度を上げることができます。

また、肉眼では見ることができない部分まで詳細に知ることができるため、できる治療の範囲が広がります。歯の根の治療では、痛みや細菌繁殖による再発のリスクを下げることができます。東京の歯科医院での虫歯治療においては、小さな虫歯を見逃すことなく削ることができます。

またその逆に虫歯の部分だけを削り健康な歯を削らないことも可能となります。歯は削る範囲が広いほど弱ってしまうため、削りすぎないということは長期的に歯のことを考えたときにとても重要な事なのです。

このようなマイクロスコープでできる範囲が広がることによって抜かなくてはならないという選択肢しかなかった歯を助けることができるようになります。その治療を録画できることも大きな特徴です。

歯科医師が見ていたものと全く同じ視点で見ることができるので、患者さんとの情報共有が容易になり、歯科医師の説明がよりわかりやすくなり、患者サイドも治療の必要性などを知ることができます。

より、精度の高い治療を受けることができること、自分の歯をどのように治療するのか、したのかをしっかり知ることができることは患者さんにとって非常に大きなメリットとなります。東京の歯科医院でマイクロスコープを導入している医院が増えているのはこのような理由からです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です