Skip to content

東京でマイクロスコープによる歯科治療を

マイクロスコープとは医療用の顕微鏡のことです。

最初は耳鼻科や眼科で使用されていました。その後1950年代になると脳神経外科や心臓外科で使用するようになり、1990年代から歯科でも使用されていますが、大変高価なもので全国の医院の中でも導入されているのは2~3パーセントとされています。

普及率の低い原因としては機器が高価なことと、まだ歴史が浅く教育の場が充実していないことにあります。人間の裸眼での二点識別域は0.2㎜が限界とされていますが、マイクロスコープを使用すれば3~20倍の拡大した視野の中で治療ができます。

今や歯科の考え方の中心となってきつつあるものにMI(ミニマルインターベーション)があります。できるだけ歯を削らず、神経を摂らずに歯を残そうという考え方です。今まで経験や勘に頼ってきた治療も、マイクロスコープを使用することによって高レベルの治療が可能になります。

たとえば虫歯の治療で削りすぎていた歯も、適切な範囲を正確に削ることができます。また根幹治療においても見えない中で手探りに行っていたものを直接根幹内を見ながらの治療ができるようになります。やはり、審美歯科やインプラントという自由診療の分野に使用されることが多く、従来の保険診療には一部の場合を除き難しいものがあるようです。

その判断は医師に委ねられています。必然的に自由診療の分野の需要が多い東京に導入されているクリニックも集中していることになります。東京には概ね20件以上があり、隣接する神奈川県と並んで最も普及率が高くなっています。マイクロスコープを使用しての治療を希望する場合、件数も多くまた専門医も多い東京で治療するのがスムースに治療を受けられるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です