産廃業を始めるには許可が必要です

産業廃棄物収集運搬、いわゆる産廃業はだれでも自由におこなえるというわけではなく、そのための許可が必要です。

一般的に産業廃棄物を収集や運搬、処理をおこなうにはその都道府県の知事の許可が必要になってきます。

こうした許可なしでおこなう業者も実はいるようですが、社会的に厳しい目で見られることになりますので、必ず産廃業を始めるためにはきちんと申請を得て、正規の業者としておこなうことが重要です。

最近、廃棄物処理法が改正され、これまで各市町村レベルでそれぞれに産廃業の許可が必要でしたが、おおきくまとめて都道府県レベルで得られればよいことになりました。

産廃業ですが、許可を得るために決められた条件をすべて満たす必要があります。

まず一つは産業廃棄物収集運搬業を始めるための講習を受けなければなりません。

それほど頻繁におこなわれているわけではありませんのできちんと調べて参加することが重要です。

次に経理的に安定した基礎を持ち合わせていることも必要です。そしてその事業計画に関しても法に則り、的確に作成されている必要があります。

またいくつかの欠格要件に該当しないこと、その収集運搬可能である車両などの施設をもっていることも条件となってきます。

このようないくつかの条件をきちんと満たし、さらに書類などを申請するとなると時間もかかるでしょう。

ですので、講習日などを含め、司法書士などの専門家に相談しながらおこなうのもひとつの近道となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *