Skip to content

歯医者の比較の仕方について

たくさんある歯医者の中から選ぶのは簡単なことではありません。

中には以前経験をしたことがトラウマになっている人もいます。痛い治療を受けたり、先生がこわかったり、助手の抑える器具が痛かったりなど嫌な思い出があるかもしれません。では歯医者をどのように選ぶとよいのでしょうか。比較することは選ぶ助けになります。

比較のための幾つかのポイントがありますが、その一つは予約時間の間に治療を受けることができるかどうかです。これはどういう意味かというと、予約した時間にあわてて駆けつけたのに、長く待たされることがあります。せっかく急いできたのに、狭い待合室で延々と待たされます。

そういった歯医者に限って、数年前の雑誌しか置いてありません。あとは経営者の好みのコミックと歯科医師の雑誌です。時間を潰しようがありません。その上やっと名前が呼ばれたと思って中に入ります。しかし診察用のイスにねかされて、エプロンをかけられまたもや待たされます。

これならまだ待合室で古い本でも読んでいる方がましです。診察室には診察用のイスが複数あり、1人のデンタルドクターが掛け持っています。その様子はまるで混雑時の美容院のようです。並行して複数の患者の治療をするのは効率が良さそうで、逆効果です。

ですからよい歯医者は予約を受けたときに仕事のながれを読み、一人一人に十分な治療が施されるようにします。ですから予約した時間に必ず治療を受けることができます。どこに通うか比較して決めるときはこの点が大事です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です