産廃業の許可を取るには正しい知識が必要

産廃業の許可申請をご自分で行いたいと考えている事業者も少なくありません。

しかし、産廃業の申請を初めての人が行う場合、多大な労力がかかるだけでなくリスクを抱えてしまう場合も多いのです。

まず、産廃業の許可を取るにあたって、必要書類を作成する前に、廃棄物処理法などの法律・法令の知識を理解しておく必要があります。

これらの法律・法令を理解していないと、許可を取れたとしても、目的の事業が行えない事態に陥ってしまうこともあるのです。

申請に必要な書類には「財務諸表」「事業計画書」などだけでなく、複数の都道府県をまたいで事業を行う場合、それぞれのフォーマットに合わせた必要書類を各ルールに沿って作成しなければなりません。

時間をかけて必要書類を作成しても、それぞれの都道府県に書類を提出する必要があり、窓口で申請を行う場合には予約が必要です。

それでも、一度で書類が受理されればいいですが、もし書類に不備があれば修正した後、何度も、窓口に行かなければならなくなります。

これらの労力をかけてようやく許可が下りても、正しい知識がなければ、目的の産業廃棄物の収集や運搬をすることができずに、変更許可申請を行わなければいけなくなるケースもあり、その場合は、目的の事業を行えないどころか余計に時間と手間がかかってしまうのです。

産廃業の業界では、正しい知識を理解している必要がありますが、全てを事業者が背負うことは大変難しい事です。

そこで、産廃業に詳しい専門家に頼る事も検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *