建設工事の廃棄物処理は産廃業の許可が必要です

建物の解体を含む建設工事に伴って生じた廃棄物の処理は、産廃業の許可を得たものでなければ行うことはできません。

建設工事は注文主から直接建設工事を請け負った元請けと、元請けから二次的に請負った下請けというように、数次の請負いによって行われることが多く、この場合は元請け業者が廃棄物の排出事業者となります。

元請け業者は自ら廃棄物の処理を行うか、または、委託によって適正に処理を行わなければなりません。

処理について委託を請負う下請け業者は、産廃業の許可を受けた者で元請け業者からの処理委託があってはじめてその廃棄物の運搬や処理を行うことができます。

また、下請負業者が建設工事の現場内で廃棄物の保管を行う場合には、下請けも廃棄物の排出事業者とみなされ、元請業者とともに産業廃棄物保管基準等の適用をうけます。

不適正な保管などがあれば両方が改善命令の対象となります。

建設工事により生じる廃棄物についての書面による請負契約に、「下請けの廃棄物は下請け人が運ぶ」と定め、下請け人が自らその運搬を行う時には、下請け人も排出事業者とみなされます。

この場合には下請け人に産廃業の許可がなくても当該廃棄物の運搬を行うことが可能ですが、これが出来るのは、特別管理廃棄物以外であるもの、建築物の解体・新増築を除く建設工事や建物の補修工事などで請負い代金が500万円以下、1回に運搬する廃棄物が1㎥以下、運搬途中で積替え保管を行わないなどの条件をクリアし、事業場の位置、廃棄物の種類・量、運搬先や期間等を具体的に記載した書面を、請負契約書の写しとともに携行しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *