産廃業の許可制度の目的

廃棄物の処理を業として行う者は産廃業の許可を得なければならないと言うのが廃棄物処理法に規定されています。

廃棄物を取り扱うものが無許可の場合、適切に処理されずに生活環境に大きな影響を与える恐れがあるため行政の管轄の下で運用させることを目的としています。

産廃業ごとに管理者を設置し、トレーサビリティーの確保された処理を行わせることで責任の所在をはっきりさせることができます。

業許可権者は産廃業者がいる区域を管轄する市町村長か都道府県知事になります。

産廃業には大きく分けると産業廃棄物収集運搬業と処理業の2つになります。

特別に処理が必要になる特別管理産業廃棄物を扱う業者には上乗せの要件があります。

事業によって排出される不要物は産業廃棄物として処理しなければなりません。

自らが排出した廃棄物について廃棄物排出業者として最後まで責任を持つ必要がありますが、自らが処理をしなければいけないわけではありません。

産廃業の許可を保有している業者に処理を委託することが可能です。

それらの業者が適切に処理したことを確認する責任があります。

産業廃棄物にはいくつかの種類があるため、その分類にあった許可を保有している業者にしか委託することができません。

違法な業者に依頼してしまった場合には廃棄物排出業者が責任を取らなければならなくなります。

処理にかかるコストばかりを気にしているとそのようなリスクを負うことになるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *