産廃業には許可が必要です

産業廃棄物を収集・運搬する産廃業を営む場合は、廃棄物の積み下ろしを行う都道府県の知事の許可を得る必要があります。

無許可での営業は許されていない為、注意しなければなりません。許可の申請をする際は、いくつかの条件を満たしている必要があります。

例えば講習会を受講している事、適法かつ適切な事業計画を整えている事などです。

もちろん収集運搬するための車両や施設等を所有していると言う事も条件となっており、それらを全て満たしていなければ、許可はおりません。

ただ、産廃業に関する手続き自体は本人ではなく、代行してもらう事も可能です。

したがって、現在では自分たちで全ての手続きを行うのではなく、書類の作成、取り寄せ、申請等も依頼者に変わって行う事が出来ます。

とはいえ、手続きが面倒だとかばれなければ分からないと言った形で、申請をせずに運営している産廃業者もいないわけではありません。

しかし、それは違法行為で、無許可営業が発覚した場合は逮捕の対象となります。

消費者自身は処理に関する費用が安いかどうかで業者を選んでしまう事も珍しくありません。

しかし中には申請をせずに営業している業者も存在しています。

産業廃棄物は正しく処分しなければ環境破壊につながってしまう可能性も十分あるため、消費者自身は本当にその業者が正しい営業をしているかどうかを考えて処理の依頼をする必要があります。

したがって、料金だけで選ぶのはできるだけ避ける事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *