産廃業許可申請手続きの流れについて

産業廃棄物の収集運搬を行うためには、産業廃棄物収集運搬業の許可が必要です。

免許を持っていない業者が産廃業を行った場合、法令違反となり罰金や行政処分を受けることになります。

また、1度免許を取得すれば良いわけでなく、有効期限が5年間と定められている、継続して営業を行うためには5年毎の更新手続きが必要になって来ます。

産業廃棄物許可は誰もが簡単に取得出来るものではありません。

基本的には人的要件・物的要件・財産的要件、3つの基本要件を整えておくこと、書類の中でも各要件が判断することが出来るように申請しなければなりません。

人的要件の中には産廃許可の講習会に受講していることが条件として掲げられています。

この講習会はこれから産廃業として営業を行うために必ず受講する義務付けが設けられているもので、講習会に受講すると修了証を受け取ることが出来ます。

但し、講習会を受ければ良いわけでなく、試験を受験する、これに合格することで修了証を受け取れるようになります。

産廃業として営業を行う際のスケジュールはしっかりと立てておくことが大切です。

講習会を受講するところからスタートするのが特徴で、講習会の受講予約を行いましょう。

尚、産業廃棄物に関する申請手続きはいつでも行うことが出来るわけでなく、事前予約制になっているなどからも、早めに予約をしておくと安心です。

許可申請が受理されてから通知書が発行されるまでには約60日掛かると言われており、営業開始までのスケジュールをしっかりと立てましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *