産廃業の許可区分にはどのようなものがあるのか

産業廃棄物の処理や運搬を業務として行う場合に取得しなければならない産廃業許可には大きく、収集運搬業と処分業の2つの区分が存在します。

基本的には、他人が出した産業廃棄物を集めて専用の車両で処分場や処理工場まで運ぶ場合は収集運搬業を、敷地内に必要な設備を置き、運ばれてきた産業廃棄物を処理する業務を行う場合は処分業を選択します。

また、産廃業の許可区分は取り扱う廃棄物の種類でも分けられています。

現在は廃油や廃アルカリ、特定有害廃棄物などから成る特別管理産業廃棄物と、それ以外の通常の産業廃棄物との2種類で区分されており、それぞれに収集運搬業と処分業の区分が設けられています。

例えば、廃油を集めて処分する業務を行いたい場合は、特別管理産業廃棄物処分業の区分で産廃業許可申請をします。

収集運搬業についてはさらに、道中で積み替えや保管を行うかどうかによっても区分され、行う場合は産廃業許可が下りると特定の保管所にいったん廃棄物を集めて、十分にたまった段階で処理場に持ち込むことができるようになるほか、保管所に集められた廃棄物の中からアルミニウムや鉄などといった価値のある資源を抜き取って、他人に売却して利益を得ることも可能になります。

一方、処分業についても、破砕や焼却、再生処理といった処分の途中の工程を担当する中間処理業と、海への投棄や埋め立てを担当する最終処分業に区分されています。

処分の全ての工程を一貫して行いたい場合は両方の産廃業許可を取得しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *