産廃業の許可申請を自分で行うのは難しい

産廃業の許可申請は、プロにお願いしなくてもご自分で行うことも可能です。

しかし、産廃業の許可申請をとるには事業計画書をはじめとする多くの書類を作成する必要があります。なお、これらの書類は初めて申請する人が簡単に作成できるものではなく、作り方から調べる必要がある場合もあります。その際には、法律を勉強したり行政に確認しながら進める必要があるため、手間も時間も掛かってしまうのです。

なお、複数の都道府県で廃棄物の積み下ろしを行う場合には、それぞれの都道府県のルールに沿った書類を作成しなければなりません。せっかく資料を作成し終わっても、書類はそれぞれの窓口に提出しなければならず1度で許可されればいいのですが、書類に不備があった場合は、何度も窓口に足を運ばなくてはいけません。

ようやく許可がおりても開業後に不測の事態に陥るケースもあります。例えば、ご自分が収集運搬しようとしている産業廃棄物が、20種類に分類されている中のどの品目なのか正確に把握していないと、目的の廃棄物の収集運搬ができないという事態にもなりかねないのです。

その場合は、変更許可申請を行わなければならず、費用も時間もさらにかかってしまいます。こういったリスクを考えても、産廃業の申請は産廃業に特化したプロに代行をお願いすることを検討しましょう。プロと一緒に申請を行えば、開業前だけでなく開業後も不安ごとなどの相談に乗ってもらえるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *