産廃業の許可はなぜ必要か

産業廃棄物はいろいろな建物や施設で発生しますが、それらを適切な処理をしなくて自分たちの都合のいいように適当な場所に不法投棄をされると大きな問題となります。

悪臭が漂うようになったり、害虫が発生したり、水質汚染や大気汚染を引き起こすようになってしまいます。そうすると環境汚染となり、日常生活に大きな影響を及ぼすことにもなるのです。もちろん産業廃棄物を出してしまう人もそのような事態になることは望んでいませんが、全員の人が適切に処理をすることはとても難しい問題です。

そこで必要となるのが産廃業で、産業廃棄物の収集や運搬、処分を行なう業者になります。産廃業は誰もができる仕事ではなく、廃棄物によって搬送、処分など取り扱い方が細かく決められていて、設備や知識を備えている所だけが廃棄物の取り扱いができます。その仕事ができるかどうかの判定は行政が行っており、許可を受けなければ産廃業を行なうことはできません。

そして、その許可は永遠の許可ではなく5年ごとに見直されていて、産廃業の許可を受けた業者が決められている適切な取り扱いをしているか厳しくチェックされています。例えば大量の廃棄物を長い間溜め込む、廃棄物を構造基準を満たしていない焼却炉で焼却する、法令で定められている使用方法を守らずに焼却などがあります。

そうした時には厳しい処罰があり、5年以下の懲役もしくは1、000万円以下の罰金、またはその両方が科せられるという内容になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *