プロに産廃業の許可申請は代行しよう

産廃業の許可申請を行うには、大量の書類作成を行う前に法律などを勉強し行政に問い合わせをしながら正しい知識を身につけることが大切です。

ようやく書類を作成する段階になっても初めて申請する人にとっては、作り方から調べないといけないこともあり、書類の作成をするには多くの時間と手間がかかってしまいます。さらに、産廃業を行う業者の場合、複数の都道府県にまたがって事業を展開していることが少なくありません。

その場合は、それぞれの都道府県ごとに違うルールを確認しながら書類を作成しなければいけません。書類が作成できても、それぞれの都道府県の窓口に書類を提出するために足を運ぶ必要があり、万一、修正が入った場合は何度も、窓口に行かなければならないのです。さらに、産廃業の許可申請の難しいところはこれだけではありません。

産業廃棄物は20種類に分類されていますが、自分が収集しようとしている廃棄物の品目であるのか把握しないまま許可申請を取得しても開業後、目的の産業廃棄物が収集できなかったという事態にもなりかねないのです。このような事態になってしまうと変更許可申請が必要になり、なかなか開業しても事業が行えない場合もあるのです。

このようなリスクを避けるためにも産廃業に特化したプロに申請に代行をお願いするのも1つの方法です。代行をすることで、手間を省くことができるだけでなく、いざというと時に相談できるので開業後も安心です。ご自分で許可申請をしようとお考えの方は、代行についても検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *