手間のかかる産廃業の許可申請はプロに代行しよう

産廃業の許可申請を得るためには、施設に関する基準を満たすこと・講習会を受講・経理的基礎を有すること・欠格要件に該当しないことという4つの条件を満たすことが必要です。

産廃業の許可申請をプロに代行せずにご自分で行うことは可能ですが、費用が抑えられる反面、予想以上に手間がかかってしまったり不測の事態を招いてしまうこともあります。まず、産廃業の許可申請を行う前に、法律を学んだり正しい知識を身につける必要があります。

さらに、事業を複数の都道府県にまたがって行う場合は、それぞれのルールを確認しながら書類を作成しなければなりません。もし仮に、全ての書類を揃えられたとしてもそれぞれの窓口に足を運ぶ必要があり、書類に不備があれば修正してまた窓口に行かなければならない場合、時間も手間もかかってしまいます。

それらをクリアして無事に開業できたとしても、自分の収集する産業廃棄物がどの品目に分類されるのか分かっていなかったりすれば、目的の廃棄物の収集運搬が行えないといった状況にもなりかねません。

その場合は、事業範囲を変更しなければならず変更許可申請に再度、時間を取られてしまいます。こういったリスクを避けるためにも、産廃業の許可申請は、産廃業の申請の経験が豊富なプロに代行をお願いしましょう。プロに代行すれば開業前だけでなく、開業後に起こる不測の事態や悩み事を相談できるので安心です。ご自分で申請を考える前に、プロへの代行も検討することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *