産廃業の許可申請は代行に依頼しましょう

産廃業はだれでも自由におこなうことができるわけではなく、必ず申請して許可を得ることが必要になります。

その産廃業の許可は、産業廃棄物を始めに収集し積み込む積載地とその荷物を下ろす荷降地の両方でいります。たとえば大阪府で積み込み、途中三重県を通って愛知県で下すのであれば、大阪と愛知の両方で必要になります。通過地点の許可はいりませんのでこの場合三重はいらないことになります。

また産廃業許可ためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。まずは運搬用の車両や容器、さらに施設なども必要となります。車などはレンタルでもかまいませんが、ニオイやゴミなどが外に漏れないことが求められます。またその知識を得るために講習会を受講しなければいけません。講習会は代表者あるいは役員、また個人であれば事業主が参加しなければならず、修了証もきちんと得ます。さらに経理的基礎などもチェックされますので、これらの申請書類だけでもかなりの枚数になり、取り寄せるだけで時間がかかってしまうでしょう。

ですので、産廃業の許可申請をおこなうには、自ら動くのではなく代行に依頼する人がかなり増えています。産廃業申請の代行業者は行政書士などがおこなっており、専門にあつかっているところも少なくありません。ですので非常にスピーディに進めてくれますし、いわれた通りに記入していけばよいので安心です。講習会は予約がいりますがそうしたこともすべて対応してくれますので非常に心強いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *