産廃業の許可制度とは

廃棄物はいくつかの種類に分類されるものの、より大まかにいえば、事業活動によって排出されたものが産業廃棄物、それ以外の一般家庭などから排出されたものが一般廃棄物となります。

このなかでも産業廃棄物は基本的には排出者がみずから処理をするのが原則ですが、それができないときは許可を受けた産廃業者に処理を委託するのがルールです。

委託を受ける産廃業者は当然ですが、処分場周辺の環境保全などの適切な措置が講じられるだけの能力を持っていなければなりませんので、そのことを厳しくチェックするという意味で行政による許可制度が設けられています。実際に産廃業者として営業をしたい場合には、まずは都道府県庁の窓口に申請をすることになります。

この申請に際しては事業計画書や場内の配置図などのさまざま資料を添付することも必要です。さらに欠格事項に該当していないことも条件となっており、たとえば法人としての会社そのものや役員個人が過去に廃棄物処理法の規定に違反して刑罰が科せられるなどの事実があった場合には、一定の期間は許可が受けられないこととされています。

このようにいくつもの分野にわたって書類を集めたり条件が該当するかどうかをチェックすることはたいへんですので、場合によっては申請書の作成を専門家に代行してもらうようなこともあります。代行とはいっても一般的な会社に依頼をするのではなく、この場合は行政書士のような国家資格を持つ人に対してです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *