産廃業に従事する為の許可の取り方

産廃業とは産業廃棄物収集運搬業の略称です。

産業廃棄物の収集、運搬又は処分を業として反復継続し、廃棄物処理法14の許可を受けた者とされます。産廃業者は「産業廃棄物処理業」と「特別管理産業廃棄物処理業」に分けられ、それぞれ収集運搬業(保管・積換を除く)、収集運搬業(保管・積換を含む)、処分業(中間処理、最終処分)の3種があります。

産業廃棄物の収集運搬を行うには許可証が必要で、それを持たずに産廃収集運搬を行うと法令違反として罰せられることになります。有効期限は5年ですので、継続して収集運搬業を行うには5年ごとの更新手続きが必要ですが、優良産廃業者認定を受けている処理会社は7年間有効となります。申請で誰でも簡単に許可が取れるわけではありません。一定の要件を整えた上で自治体に申請することが求められます。

産廃許可の講習会を受講しており、また成年被後見人などの欠格要件に該当しないことが人的要件として必要です。また、廃棄物を収集し運搬するための、容器や車両の有無が物的要件となります。直近の決算において債務超過に陥っていないか等は財産的要件として確認をしておくべきです。簡単な取得までの流れは下記になります。

産廃業の為の講習会の予定を確認し、受講して講習の修了証を用意します。自治体に事前に予約が必要な産廃業の申請をします。予約の空きが数十日先になる事もあります。申請が受理され通知書が発行されます。約60日かかります。根気と法令遵守の精神も必要です。スケジュールの管理と確認をしながら、スムーズな許可証の取得を致しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *