産廃業の許可をスピーディに取るには

産廃業を新規でおこなうためには各都道府県に申請し許可を得ることが必要です。

廃棄物の積み込み地点と降ろす場所が別々の都道府県である場合には、それぞれの自治体へ許可を申請しなければなりません。ひとつの都道府県で産廃業をおこなっていくのであればそこだけに申請すればいいのですが、複数の自治体での取引を行いたいのであれば、それぞれで許可を取ります。産廃業ではいくつかの条件をクリアすることも求められ、経理的基礎や事業計画なども確認されます。さらに欠格要件に該当しないということも重要です。

また産業廃棄物は特殊ですので、専用の施設や車両も備えておかなければなりません。近隣になるべくいやな臭いや廃棄物などが散らばることを避けるために、それに適した施設とそれらを運搬する車両を用意しますし専用の容器なども必要になります。車両に関してはリースなどでも許可申請には問題ありません。また用意する書類や証明証などは非常に多くなりますし、車両などにおいては細かな規定に則って写真も添えることが求められます。

その枚数は写真を含めると20枚近くにもなることもありますので、一つ一つミスなく記入していくのはなかなか時間も要しますし大変な作業といえます。これらを全くの初めてでこなすのは非常に効率がよくないため、最近の傾向としては産廃業の許可申請は専門の代行業者に依頼する方法がとられています。行政書士などが正確にスピーディにおこなってくれますので、早く産廃業を始められると人気も高くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *