産廃業許可の申請について

産廃業許可を得るためにはいくつかの条件が必要ですが、まずは知識を得るための講習会を受講しなければなりません。

講習会は2日間であることが多く、参加するためには事前の予約が要ります。日本産業廃棄物処理振興センターが主催しており、サイトから申し込めますが、頻繁に行われているのではないため早めに予約しないと希望の日にちや場所を取れないことも多いです。この講習会でテストなどの合格しますと修了証をもらえます。この修了証は5年間有効で、まずはこれがないと産廃業許可に対する申請はおこなうことができませんので、まずはじめにおさえましょう。

提出する書類は枚数もかなりありますし、収集運搬をおこなう都道府県すべてに提出しなければなりません。複数の自治体で業務をおこなう予定であるならばその分用意しなければならないわけです。産廃業許可の書類などは役所に出しますが、そこで記入ミスや不備がありますと訂正し再提出するため何度も通う羽目になった人も少なくないです。

このように書類の記入や用意する手間をかんがえますと、自分でおこなわずできれば専門の代行業者に委託するほうが効率よくことを運ぶことができます。それに特化して代行している業者も最近では多いですので、任せた方がスムーズにミスなくおこなってもらえ安心です。その時間で他の仕事などもできますし、産廃業許可の申請にかかりっきりになる必要もなくなります。ですので、産廃業許可の申請に関しては行政書士などの専門家に依頼することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *