産廃業を営む為には許可が必要

要らなくなった物を処理してくれる業者の一つが産廃業者です。

とはいっても、業者は不要な物を回収するだけでなく、正しく処理しなければなりません。不法投棄等をしてしまうと、環境破壊にもつながってしまうからです。そのため、正しく処分できるかどうかという事を証明する物が必要となるのです。そこで重要となってくるのが許可で、実際に産廃業を営む為には事前にこの許可を得てからでなければなりません。

そのため、もし無許可で産廃業を営んでしまうと、罰則の対象となってしまいます。そのため、実際に産廃業を営んでいる人は、事前に申請してからというのが一連の流れとなっているのです。またその業務内容は認められいる範囲内に限って行われ、業務外の事を行う事も出来ないと言う事になっています。基本的に、廃棄物と言うのは、それを所有している人自身が処分すると言う事になっています。

しかしそれを処分するのはなかなか難しいと言う事も決して少なくありません。そこで自分で処分出来ない場合は、専門の業者に依頼して代わりに処分してもらう事になるのです。その際に利用するのが産廃業者です。業者は廃棄物の処分の為に必要な知識・技術、そして場所や機材を持っていなければなりません。そこで発行されるのが許可証です。ただ、現在でもまだ無許可で営業している業者も決して少なく無く、その存在、さらに業務のあり方等が問題として提起される事も決して少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *