産廃業の許可申請に関する代行について

産廃業の代行許可に関する申請は行政書士などが対応可能です。

このとき注意をした方がよい点として、依頼先の行政書士についてこの申請に慣れているかどうか確認をすることが求められます。代行で申請が出来るものは約八千種類以上に上るために、産廃業の許可申請をやったことがないという可能性もあるためです。事前に依頼先となる行政書士などに経験の有無を確認することも重要となります。

確認をし辛いこともありますが、その場合にはホームページなどで今までに手掛けてきた代行申請などを確認出来ることもあります。また開業年数が長い事務所の場合も、産廃業について許可を申請した経験があることも多いです。経験がある事務所に代行を依頼することがとても大事になってきます。複数の都道府県にまたがって事業を行う場合には、その点にも注意を要します。

色々な経験を有するところに依頼を行うことが望ましいですが、地域によってはそうした事業所が無い場合も考えられ依頼を断られる場合もあるため、情報収集をしっかりと行うことが求められるわけです。産廃業の許可申請に必要な書類などは役所にあるものですが、申請書類以外で必要なものも多数あります。写真なども撮影したりしますが、注意点もありますのでよく確認をします。その上で書類一式を確実にそろえて行う流れです。役所ではいったん受理をしない限りは、不備がある場合は返却されてしまうので従前にしっかりとそろえていくことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *