産廃の許可申請の注意点

産廃の許可申請の注意点を紹介します。

まずは産廃するものの選別です。全ての物を産廃によって処分しようとすると、お金が掛かってしまいます。多くの自治体で資源ゴミや燃えるゴミが処分できるので、出来るだけその場所に多くの物を処分するようにしましょう。また、産廃の許可申請が通っても、そこまで行くのにかなりの時間と労力が掛かります。すぐに行ける場所ではないので、極力一度に済むように綿密に計画立てておくことが必要不可欠です。

産廃の許可申請の注意点として他にも時期的な問題があります。自治体などへ許可申請を出してから1ヶ月近く時間がかかるのが通常です。理由として受け付け課のみで完結すれば1週間足らずで許可が下りますが、自治体での決裁を経て倹約になども決裁を通らなければ許可が下りません。ここまで長い時間がかかるのには理由があります。地方自治体と国や県などで見るべき点が違います。

それぞれの観点から決裁を確認するので、結果的に倍近く時間がかかります。これによりそれまでの間廃棄物が長らく自宅などに残ることになります。倉庫があれば別ですが、そうでなければ許可申請が下りるであろうタイミングをあらかじめ担当者に聞いておいて、そこに廃棄物の量のピークを持ってくるのが賢い消費者と言えます。自分の家の敷地内で完結する量なら問題無いですが、隣の家や道路まで廃棄物がはみ出てしまうくらいなら迷惑が掛かってしまうので気を付けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *