産廃業を開業するには許可申請と届出が必要です

産業廃棄物収集運搬業および処分業を開業するには最寄の環境局などに許可申請と届出が必要です。

積み替えと保管を含む収集運搬業や処分業の申請を行う場合には申請手続きの前に事前計画書の提出が必要となります。事前計画書が受理されると新規・更新許可申請や変更申請を行います。いずれも事前予約が必要で電話で問い合わせて日時が確定したら当日に指定された受付場所へ各種申請書を持参して足を運びます。申請書は産業廃棄物収集運搬業、特別管理産業廃棄物収集運搬業、産業廃棄物処分業、特別管理廃棄物処分業、さらに事前計画書に分かれています。

それらの書類は関係各署の窓口で受け取る以外にも公式ホームページにpdfファイルが配布されていることもあり、事前に用意できるのも便利です。申請手数料は自治体により異なりますが、新規に開業する許可申請の例では収集運搬業が概ね8万円程度、処分業が概ね10万円程度となっています。

また、通常の基準と比較して厳しい基準をクリアした産廃業者は優良産廃処理業者認定制度の適用となりますが、申請時には前述の許可申請よりも多くの時間を要するため、事前予約の段階で優良産廃業者認定制度の許可申請を提出する旨をあらかじめ伝えるようアナウンスされています。2つ以上の事業者が一体として収集、運搬または処分を行う場合には特例の認定となり事前計画書の提出や添付する書類が異なるため事前に問い合わせる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *