産廃業者の許可申請

産廃業に従事している企業は都道府県知事の許可を得る必要があり、新規もしくは更新または変更許可申請を行うことが不可欠です。

ただ、このような手続きに関しては企業が自ら行うよりもその道に長けた専門家に依頼し、代行してもらったほうが何かと便利です。産廃許可申請の代行業を請け負っているのが行政書士と言われる士業のプロ集団の方々です。申請にあたって必要な書類はなにかすでに把握できているので、産廃の申請を行う企業は言われたとおりに書類を揃えれば良いので安心です。言われたとおりの書類を揃えれば100%の確率で許可が下りるので安心して任せることができます。

産廃業者というのは出来るだけ早く許可申請を取得したいと考えるものです。ところが個人で申請を行うと書類の不備などで許可が下りるまで時間がかかったり、必要な書類を揃えることすら面倒に感じたりします。行政書士はスピーディーに対応してくれます。電話で許可申請の取得の以来をすれば、即手続きを開始してれくれるので安心して任せられます。

産廃の専門なので、中間処理から積み替え保管、さらには優良認定申請と行った高度な許可もすべて対応してもらうことができます。取得率が100%なので個人のように取得に失敗することもなく代行を依頼したほうが確実性が高いです。行政機関との折衝も個人ではなかなか難しいですが、行政書士に依頼してしまえば書類厚めから面談まですべて任せることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *