産廃業の許可申請を代行依頼する

産廃業を許可申請する場合には、非常に多くの書類や証明書などを用意しなければいけません。

書類に関しては写真などを添付する必要のあるものもいくつかあり、それぞれに撮り方などが決まっています。提出書類は各都道府県によってその仕様がさまざまで書き方なども異なっていることが多いですし、まずは取り寄せることから始めなければなりません。さらに提出方法も、郵送でも受け付けてくれるところもあればできないところもあり、申請に予約がいるところとそうでないところなどがあって、きちんと調べないと不備などで受け付けてくれないこともあります。

実際に申請後も許可が出るまでには60日ほどかかりますので、少しでも早く産廃業を始めたいのであれば、許可申請をすみやかにおこなうことが大切になってきます。産廃業の許可申請は、その積み下ろしをおこなう都道府県が別になる場合には、それぞれで申請しなければなりませんので、複数の地域で事業をおこなう予定であるなら、その分提出書類も増えますし、時間もかかることになります。

こうした産廃業の許可申請の複雑な手続きを速やかにおこなうためには、代行業者に依頼しましょう。産廃業の許可申請の代行は、行政書士などがおこなっていることが多く、それに特化している代行業者も少なくないですので、費用などや対応などで自分の合った代行業者に依頼することをお勧めします。何から手をつけたらいいのかわからない産業廃棄物の申請は専門家に相談することでストレスなく遂行できます。
産廃の許可申請の代行のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *