産廃の許可申請は専門家に代行を依頼

産廃収集運搬業を始めるには、都道府県に承認を受けなければなりませんが、書類の作成が煩雑で専門知識がないと多くの時間を取られてしまいます。

単に許可申請書を書けばよいというわけではなく、事業計画書などの添付書類も必要ですし、自治体によっても書き方が異なっています。お役所のルールなので、少しでも間違ったところがあれば最初から書き直さなければなりません。こうした時間や手間を省くには、行政書士などの専門家に許可申請の代行を依頼するのが早道です。一口に産廃といっても法律上は20種類に分類されていて、それぞれのカテゴリーで許可が必要になります。

もし種類を間違えて申請してしまうと、事業を始めてから収集できなくなるといった事態に陥りかねません。再申請するには無駄な費用も手間もかかるため、一度できっちりと済ませておくことが大切です。どんなカテゴリーで申請すればよいか分からないときも、専門の代行サービスに相談するとよいでしょう。

昨今は産廃収集運搬業に対する世間の目も厳しくなり、不法投棄などを行うと厳しい処分を課されることになります。許可申請の代行サービスを利用すれば、スピーディーに事業を始められること以外にも、適法な経営を行うためのアドバイスを受けられるというメリットがあります。面倒な法律面の手続は専門家に任せて、本業に経営努力を集中させることが、結局は優良業者として信頼と安定を勝ち取ることに繋がるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *