産廃の許可申請は代行を依頼するのが効率的です

産廃処理の許可申請は自分で書類を揃えて行うこともできますが、プロである行政書士に代行を依頼した方が効率的です。

書類を作成するには法律の知識が必要になります。また行政の担当者と打ち合わせが必要になるケースも存在します。自分で手続きを行い産廃処理の許可を得たとしても、申請書類に何らかの間違いがあれば後にトラブルが起こることもあります。産業廃棄物は20種類に分類されていますが、各品目について収集運搬の許可申請が必要です。複数の品目について1回で産廃処理の許可申請を行うこともできます。

自分で手続きを行う場合には、収集運搬を行う産業廃棄物の品目について正確な理解が求められますまた収集運搬を受託しようとしている業種から排出される産廃がどの品目に分類されるかも確認が必要です。品目を間違えて申請を行うと、収集運搬ができなかったり業務を受託できないという事態が発生します。そのような場合には再度手数料を支払って事業範囲を変更するための手続きを行わなければなりません。

プロである行政書士に代行を依頼すれば、正確な知識に基づいて手続きが行われるので安心です。行政書士の中にも様々な専門分野が存在します。産廃処理の許可申請を専門的に行う事務所に代行を依頼すれば、後にトラブルが発生して困らずに済みます。また行政書士は様々な業種とのネットワークを形成しているので、許可申請だけでなく事業運営の総合的なサポートを受けることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *