日帰りスキーで行くバスツアーのメリットデメリット

日帰りスキーで行くバスツアーは非常に格安で便利に利用することができるので、とてもおすすめです。日帰りスキーのメリットは、なんといっても、スキー場までバスに乗っているだけで連れていってもらえることです。

日帰りスキーに関するアドバイスです。

自家用車で行くスキーの場合、誰かが運転をしなくてはいけないですし、レンタカーの場合ではスキープランでレンタルされるキャリア付きの4WDでも時間に制限があり、レンタル時間を過ぎてしまうと、延滞料金が発生してしまい、ゆっくりと滑ることができなくなってしまうこともあり得ます。

その点、日帰りスキーで行くバスツアーの場合、時間の指定はありますが、スキー場のリフト時間の少し前くらいまで滑ることができ、帰りの時間を気にすることもありません。



1日思いっきり滑って疲れた身体であっても、運転するのはバスの運転手なので、自分は乗っているだけで帰りの集合場所まで乗せていってくれます。

反対に日帰りスキーのデメリットは、やはり時間制限があることです。

時間制限があることで、もう少し滑りたいと思っても、後片付けや帰りの準備などの時間を考えて少し早めに切り上げるなどと時間を意識して滑ることが必要になってきます。


また、団体行動になるため、誰かが集合時間にいないとなると待たなくてはいけません。

Girls Channel情報探しならこちらをご確認下さい。

こうした時間の制約があることがデメリットと言えます。

また、バスの集合場所までは重い荷物を持っていくことが必要になる点がデメリットになります。