医療機関にファクタリングがおすすめな理由

subpage01

病院や医院などの医療機関は、事業の性質上景気動向などの影響を受けにくく、経営の安定度が高いと言われています。
ただ、高額な検査機器を購入したり、優秀な人材を確保するために給与水準を高くしたりする必要があることから、時には資金繰りに困難が生じることもあります。


そんな時におすすめなのが、ファクタリングと呼ばれるサービスです。

ファクタリングは、支払期限が到来していない債権を前倒しで現金化できるサービスです。


民間企業では、商品などの販売代金が支払われるまでの間、売掛金と呼ばれる債権が発生しますが、これを第三者に売却することで、実際の入金よりも前にキャッシュを手にすることができます。
医療機関にもこれと同様の債権が発生します。

それが、診療報酬です。

こだわるならおすすめのファクタリングの相談ならココです。

保険診療にかかる費用を保険者に請求した場合、その代金は支払いがあるまでは未収債権となります。



これを売却することで、現金を手に入れることができます。ファクタリングの利用が医療機関におすすめな理由は、その確実性にあります。診療報酬の請求先は、被用者保険の場合は国または国の認可を受けた特殊法人、国民健康保険の場合は地方自治体です。

つまり、一般企業と違って倒産のおそれがない、確実性の高い支払い主体であるわけです。


この場合、一般企業よりも安い手数料でファクタリングを利用できるチャンスがあります。


また、不良債権化するリスクが極めて低いことから利用審査が通りやすいという点も、おすすめの理由として挙げることができます。