ファクタリングが資金調達におすすめの理由とは

subpage01

ファクタリングは売掛債権を売却して資金調達する方法で、赤字決済や債務超過の状態でもサービスを利用できます。

信用状況を審査されるのは取引先であって自社ではないため、金融機関からの融資よりも簡単な手続きで資金の調達が可能です。

ファクタリングを利用するとキャッシュフローも改善されるので自社のイメージをよくすることができます。実際の取引方法には2社間で行うものと売掛先を含めた3社間で行われるものがあり、それぞれに異なるメリットが存在します。
例えば取引先に知られることなく迅速に資金調達を行いたい場合には2社間取引を選ぶのがおすすめです。
2社間の場合には売掛先から承諾を得る必要がないため、即日で入金してもらうこともできます。

快適な暮らしを実現するためのおすすめのファクタリングについて詳しく知りたいならこのサイトです。

なるべく手数料を抑えて確実に資金を調達したい場合には売掛先を含む3社間取引がおすすめです。
2社間の場合にはファクタリング会社に貸し倒れのリスクがあるため手数料が高くなりますが、3社間の場合はリスクがないので手数料は安く設定されています。基本的に売掛債権を譲渡する場合には償還請求権がないため、売掛先が倒産しても自社が責任を問われることはありません。

2社間取引の場合はサービスの利用者が売掛金を受け取り、さらにファクタリング会社に入金することになります。



利用者が倒産したり売掛金を使い込んでしまうリスクがあるので手数料が高く、売掛債権の6%から40%が相場とされています。

3社間の場合は利用者を仲介せず直接的に売掛金が支払われるのためし倒れリスクがなく、手数料は1%から5%が相場とされます。



ファクタリングには2社間取引と3社間取引がありそれぞれに異なるメリットが存在があるので、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。