ファクタリングには様々なメリットがありおすすめです

subpage01

ファクタリングには2社間で行うものと売掛先を含めた3社間で行うものがあり、それぞれに異なるメリットが存在します。


いずれも売掛債権を譲渡することで素早く資金調達ができるので、各取引の特徴を把握した上で状況によって使い分けるのがおすすめの方法です。

2社間ファクタリングは売掛先への通知が不要なので、力関係の弱い零細企業や中小企業では取引停止や発注減少などのリスクを回避できます。取引先が売掛債権の譲渡に理解がある場合には、2社間の取引によって資金調達するのがおすすめの方法です。
3社間の取引と異なり取引先へ通知をして承諾をもらう必要がないため、即日現金化することもできます。

おすすめのファクタリングの情報を確認できるサイトです。

3社間のファクタリングは取引先の同意を得なければならないため多少の時間がかかりますが、手数料が安いというメリットがあります。2社間の場合には利用者が売掛金の支払いを受けてさらにファクタリング会社の口座に入金しなければなりません。
利用者が倒産したり売掛金を使い込んでしまうリスクがあるため手数料が高く設定されていますが、3社間の場合は売掛先から直接入金されるのでリスクがなく手数料も安く設定されています。



一般的な手数料の相場は2社間の場合だと譲渡する売掛債権額の6%から40%ほどですが、3社間の場合には1%から5%ほどです。
3社間の取引は2社間の場合と比較して貸し倒れのリスクが低いため審査を通過しやすいというメリットも存在します。取引先に知られたくない場合や素早く資金調達をしたい場合は2社間取引がおすすめです。
なるべく手数料を抑えて確実に資金調達をしたい場合には売掛先を含めた3社間の取引を選ぶとよいでしょう。