産廃の許可申請の必要性

産業廃棄物には、すべての事業所が排出する燃え殻、汚泥、廃油、金属くずなどの12種類と建設業や畜産業など特定の尾事業所が排出する紙類や木類、動植物の残骸など7種類、そしてそれらの産廃を処理するため二使ったものの敬20種類あり、それらのものを回収・運搬、処理は産廃を排出する事業所が責任をもって行わなければいけません。